短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法

【プレゼントのお知らせ】『ある理由』からホワイトデイにプレゼントします


こんにちは、上田真司です♪
現在、生涯をかけた仕事に取り組んでいる最中です。

ホワイトデイの、
プレゼント情報についてお話する前に、

前回の内容を続きを先に伝えてしまいたいと思います。


他人に対してイライラする癖がついていると、
潜在意識にどんどん悪い情報が入っていきます。

潜在意識は、他人にたいしていったことと、
自分に対していったことの区別がつかないからです。

(詳しくは前々回の内容をどうぞ
 ⇒http://shinjiueda.seesaa.net/article/115204757.html


だから、イライラの癖が残っていると、
知らないうちに、やる気がなくなったり、
なぜか目標が達成できなくなったりします。


そんなわけで、
イライラの癖をなくしたい、
あるいはいまよりも少なくしたい人は、

たくさんいると思いますが、
今回は、あなたがイライラを少なくできる
三つの理由についてお話したいと思います。


■□イライラを少なくできる三つの理由□■

僕がイライラを少なくし、
目標達成をスムーズにすることは、


誰でもできるんじゃないか、

と思う理由は三つあります。




まず自分自身が、
何にでもイライラしていた状態から、
そうじゃなくなったからです。

(近々、僕の人間関係の過去を、
 ホームページ上で明らかにしようと思いますが、
 まあ、はっきりいって酷い有様です(笑)

 かなり空気読めない人だったのですが、

 あまりのひどさに、読んだ後、
 僕のこと嫌いにならないよいでくださいね;汗)


当然、そんなイライラがおさまらない状態の
(はたから見ると危ない人です;笑)

僕にも効いた方法ですから、
他の人も効果があった人が多かったです。





というわけで 二つ目の理由は、

多くの人に、
『イライラしなくていい方法』を教えたら、
その人たちも、イライラが軽くなった事実です。


三つ目の理由は、

科学的な研究からも、

【ある方法】を実行すれば、

時間とともに、
イライラは少なくなっていくことが、
確認されているからです。





『ん?科学的?
 いやー私、科学ダメなんすよー』


と思われた方もあるかもしれませんので、
ここで【二人の重要人物】に登場してもらいます。


はい。
では、みなさん拍手でむかえてください!!


善・東洋くんと、
ヘイント・セインくんですっ!!!
(パチパチパチ←微妙な拍手)


少し二人のことを紹介しましょう。



ヘイント・セインくんは、
白人で、背が高く、やせています。


彼の身長が高さは、
電話ボックスに かがんでくぐるほどなので、


人ゴミの中にいても、
一人だけ、頭二つ分くらいでていて、

すぐに見つけることができます。
そのため待ち合わせの目印によく使われます。
(これからはセインくんと呼びますね。)




対する善・東洋くんは、
名前の通り、東洋人で、
身長が低く、ずんぐりとした体型です。


「ずんぐり」という表現は、
正確じゃなかったかもしれません。

彼は「太る」とか「ぽっちゃり」とか、
そういった生易しいレベルを超越した体型だからです。




正直な話、
彼を一言で表現する言葉が、
日本語の中に見当たりません。


そうですね。
数学的に表記するならば、

『球体』

とでも言えばいいのでしょうか。


ボーリングの球を、
人間の大きさに拡大したようもの、
といえば、彼の外見がだいたいわかるかもしれません。



ひょろ長のセインくんと、
太っちょの東洋くんは、全く正反対の外見ですが、
不思議と気があいました。


(並んで歩くと、
  野球のバット と サッカーボール が、
 一緒に歩いているように見えます)


そして二人とも高校生で野球が大好きでした。

しかし、実際に野球をやるわけではなく、
もっぱらテレビゲームで楽しんでいました(笑)
二人はインドア派の引きこもり体質だったのです。




ある日二人は、とんでもない決意をします。


『よし!二人で甲子園を目指そう!』


素人のデコボココンビが、
なぜこんな決意をしたのでしょうか?




それは、
二人が漫画家あだち充さんの、
熱狂的なファンで、


ある日、名作『タッチ』に感動して、
(素人のタツヤくんが、
 とんでもない剛速球を投げれて、
 ある理由から甲子園を目指す内容。)

『タツヤにできたんだから、
 俺たちにできないはずがない』

と思い切り痛い勘違いをしたためです。
(ちなみにどうでもいい情報ですが、
 僕もタッチは大好きです。)




甲子園にいくために、
二人で真剣にあだちさんの漫画を研究した結果、


キャッチャーは、
少し太っていなければならないことを発見しました。

『こ、これは重大な事実だ!』

そこで、
東洋くんがキャッチャーをすることになりました。


必然的にセインくんはピッチャーです。





さっそく甲子園を目指す二人は、
河原にいって、キャッチボールをすることにしました。


ところがここで、
セインくんの意外な才能が明らかになります。


セインくんの、
ムチのようにしなる
長い腕から繰り出されたストレートは、


時速150キロを超える剛速球だったのです。


彼の球は空気を切り裂き、
東洋くんの腹底深くにメリ込みました。



『痛ってぇーーーーー』

素人の東洋くんには、
そんな剛速球をとれるはずがありません。


セインくんもそんな才能があったのなら、
野球部に入ればいいのに、
そんなことは全く気付かずに、

『練習すれば、きっと捕れるようになるよ、
 東洋くん、がんばろうぜ!』

と来る日も来る日も東洋くんと
キャッチボールをしました。



最初は、東洋くんが、
全くボールをキャッチできなかったので、


二人のキャッチボールは、

まるでボールをつかった、
回りくどいリンチのように見えたのですが、


東洋くんも、
だんだんセインくんのボールを、
キャッチできるようになっていきました。



そうして東洋君が、
セインくんのあらゆる球を、
キャッチできるようになったとき、

二人はなにか足りないことに気付きます。

「この心に浮かんでくる、
 もの足りなさはなんだろう?」


二人は疑問の答えを求め、
再び名作タッチを読み返します。



そこで二人は、
自分たちのやってきたことの重大な欠陥に気づきます。

『そうだ!南ちゃんだ!
 ヤカンを持ったマネージャーがいない!!』

当然、二人は、
まだ野球部に入っていないという、
重大な欠陥に気付きません。




そうして二人は、
新体操の全国大会に出場できて、

しかも、
その容貌の美しさから、
テレビの取材を受けるような、
野球部のマネージャーを探すことにしました。



『取材を受けるくらいだから、

 テレビみていれば、
 いずれ南ちゃんみたいな子が出てくるだろう』

という、予想をたてたインドア派のコンビは、
わざわざ新体操の会場にいくのは面倒なので、
毎日テレビをみて南ちゃんを探すことにしました。



10年後・・・

少年のジャンプの打ち切り漫画ならば、

ここで二人が、プロの舞台に立ち、
球界を代表する強打者を相手にして、

『俺たちの戦いはこれからだ!』
という感じで終わるのですが、


二人は、
『南ちゃんがみつからない』
という重大な欠陥から、
野球をやる気がすっかりなくなり。

細長のセインくんも、
太っちょの東洋くんも、
幸せな家庭を築き、キャッチボールをすることは、
ほとんどなくなりましたとさ、


めでたし、めでたし




・・・

さて、この話が何の役にたつんでしょうか?

実は、イライラをなくし、
目標を達成したい人には、
とても役立つ内容になっています。

何回か読んでみてください。
次回の内容の気づきが大きくなります。

さて長くなりましたので、
この話の意味は今度、明らかにしたいと思います。


■□編集後記:ホワイトデイプレゼントの理由□■

バレンタインもプレゼントしたんだから、
ホワイトデーもしたほうがいいだろう。

という安直な理由から、メルマガ読者さんに、
ホワイトデイのプレゼントを作ることにしたのですが、

力を入れすぎて間に合いませんでした(笑)


前回を超える内容にする予定ですので、
楽しみにしていてくださいね♪


まあ僕はホワイトデーのお返しで、
悩んだ経験がほとんどなかったので、
(つまりモテなかったのです!!泣)

『なにプレゼントしようかなー』
と悩んで、モテる人の気分を少しでも味わいたい、
という気持ちもあります(笑)


メルマガ読者さんにもプレゼントがありますが、


ホワイトデイにちなんで、
SSPをすでに持っている人にも、
さらに追加のプレゼントがありますので、
楽しみにしていてくださいね♪


いつもお世話になっていますので、
ちょっとしたお礼の気持ちです。

どちらのプレゼントも、
満足いくものに仕上げたいと思います。


今日はついでに、SSP参加者の、
おもしろいモチベーションアップ法を、
紹介したいと思います。


それは、
『ホームページを読む』
『自分以外の感想を読む』
というものでした。

http://shinji06201.chicappa.jp/tanmin/30muryo.s0.htm
(↑SSPの紹介ホームページはこちらからです)



しかも、この方法をつかっている人が、
一人や二人ではなかったことも驚きです。
(本当にびっくりしました。)

これからもどんどん感想を追加していく予定ですので、
楽しみにしていてくださいね。

ホームページ読むとやる気でるんですねー。
意外だったので、ほんとに驚きました。

http://shinji06201.chicappa.jp/tanmin/30muryo.s0.htm
(↑SSPの紹介ホームページはこちらからです)



最後に新しい感想を紹介します。

大学生の佐々木淳さんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月頃からメール読ませて頂いていて、ブログも毎日のように紙にまとめながら見ています。
お陰様で二度寝がなくなり、朝はすっきりです。

今大学3年生で去年から本も200冊ぐらい読み、ブライアントレーシーのプログラムをしたり、飛び込み営業をしたりしていたのですがなかなか結果がです落ち込んでいたところ上田さんのサイトを発見して、自分を責めないこと、繰り返すことの大切さを痛感しました。

上田さんのメルマガを読み始めて変わったことは数え切れないほどあり感謝してもしきれないほどです。

本当に宝物を見つけた気分です(笑)

商品も届いたのでもっともっと成果を出せるよう勉強していき、早く良い報告ができるよう頑張りますね。

早く音声を聞くのが楽しみです。

僕も上田さんのように人生を変えるお手伝いを出来るような仕事をしたいと考えているのでとても参考になります。
これからもよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感想いただくと、ほんとにうれしいです。
また宝物が一つ増えました。

佐々木淳さん、ありがとうございました!!

2000人以上を短時間睡眠(短眠)習得へ導いた
“効果実証済み”のプログラム「S・S・P」jはこちらをクリックして下さい。


2009-03-14 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

錦戸亮さんの追突事故に思うこと

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんばんは。上田真司です。

ひさしぶりに、
お会いできるのを、
嬉しく思います♪


夕方のランニングから帰ってきてから、
記事を書いています。


今日は特別な日だということを、
テレビをみていて知りました。

はたして【今日は何の日】なのか?

詳しくは編集後記でお話したいと思います。


■□錦戸亮さんの追突事故に思うこと□■

前回、
『すいすいと目標を達成するための四つの条件』
で、

1、他人を無条件で許すこと
2、自分を責めないこと
3、『できる自分』を思い出すこと
4、人と比べて落ち込まずに、
今、自分がしていることを楽しむこと

ということをあげましたが。


どれが一番難しいか、
ということを聞いてみたら、
予想以上のメールがきて、びっくりしました。


ありがとうございます。
とても うれしかったです。
おかげで、よりよい記事が 書けそうです。




やはり 難しい人が 一番多かった のは、
『1、他人を 無条件で許すこと』
でした。


これまで、沢山の人をコーチングしてきた経験からも、

他人を無条件に許すのが一番難しい、
という人が多かったですので、経験とも一致します。




でも、安心してください。

たくさんの人を教えてきた経験上、
正しい手順をステップバイステップで踏めば、

『今まで許せなかった人を許す』

ことをできるようになります。


人によって、時間や程度は変わりますが、
他人を無条件で許す情報に 繰り返し触れることで、
(たとえば今回のようなメールですね♪)


少なくとも
今よりは、イライラが減り、
人間関係も よくなります。


イライラが減ると、
健康にも いいですし、
目標達成にも プラスになりますね。




ちなみに、
『他人を無条件に許すこと』

『怒りを無理やり我慢すること』
と思う人が多いようです。

怒りを無理やり我慢すると、
たしかに、しんどいですね。
(僕もストレスがたまります)

そうじゃなく、
『視点を変える』
のが他人を無条件に許すポイントです。





『ん?視点を変える?』

ハッキリいって、
わかりにくいですね。


と言うわけで、

今日は
『視点を変える』ことについて、
実例を通して、お話したいと思います。


『7つの習慣』という、世界的ベストセラーに、
『視点を変える』完全な例がのっていますので、
今日はその部分を紹介したいと思います。



(7つの習慣もいい本ですよー。
アカデミックな説明が好きな人は、
おもしろく読めると思います。

http://shinji06201.chicappa.jp/shorturl/j/7h/1.html
↑読んでて、ちょっと難しく感じる人もあるかもしれません。
僕はおもしろかったです。)

以下は7つの習慣からの引用です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある日曜日の朝、
ニューヨークの 地下鉄で 体験した
小さな パラダイム転換 を私は 忘れることができない。

乗客は皆、静かに座っていた。

ある人は新聞を読み、
ある人は思索にふけり、
またある人は目を閉じて休んでいた。


すべては落ち着いて平和な雰囲気であった。



そこに一人の男性が
子供たちを連れて車両に乗り込んできた。



すぐに子供たちがうるさく騒ぎ出し、


それまでの静かな雰囲気は
一瞬にして壊されてしまった。



しかし、その男性は私の隣に座って、
目を閉じたまま、周りの状況に全く気がつかない様子だった。


子供たちはといえば、
大声を出したり、物を投げたり、
人の新聞まで奪い取ったりするありさまで、


なんとも騒々しく気に触さわるものだった。


ところが隣に座っている男性は、
それに対して何もしようとはしなかった。


私はいらだちを覚えずにはいられなかった。
子供たちにそういう行動をさせておきながら注意もせず、
何の責任もとろうとはしない彼の態度が信じられなかった。


周りの人たちもイライラしているように見えた。


私は堪えられなくなり、彼に対して控え目に、

『あなたのお子さんたちが皆さんの迷惑になっているようですよ。
もう少しおとなしくさせることはできないでしょうか』

と言ってみた。


彼は目をあけると、
まるで初めてそのことに気がついたかのような表情になり、


柔らかい、もの静かな声でこう返事した。


『あぁ、ああ、本当にそうですね。
たった今病院から出てきたところなんです。

一時間ほど前に妻が・・・・・・
あの子たちの母親が亡くなったものですから、
いったいどうすればいいのか・・・・・・

子供たちも混乱しているみたいで・・・』


その瞬間の私の気持ちが想像できるだろうか?


私のパラダイムは一瞬にして転換してしまった。
突然、その状況を全く違う目で見ることができた。


違って見えたから違って考え、違って感じ、


そして、違って行動した。


今までのイライラした気持ちは一瞬にして消え去った。
自分にとっていた行動や態度を無理に抑える必要はなくなった。

私の心にその男性の痛みがいっぱいに広がり、
同情や哀れみの感情が自然にあふれ出たのである。


「奥さんが亡くなったのですか。
それは本当にお気の毒に。
何か私にできることはないでしょうか」


一瞬にして、すべてが変わった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引用終わり
【7つの習慣】より
http://shinji06201.chicappa.jp/shorturl/j/7h/2.html





ここでのポイントは、
『相手は全く変わっていない』
というところです。

そして、同じ相手に対して、
イライラを無理やり我慢した訳でもありません。



視点が変わったのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



その瞬間に、
イライラがなくなり、
相手に同情心や愛情さえ湧いてきます。

(本によっては、
パラダイム変換、気づき、
など、いろんな言葉で言われますね)




今日は一つだけ、
長期的に役立つテクニックを紹介します。


イライラしているときは、
『怒らなくていい“視点”はなにか?』

『相手がこのような行動をとる、
【本当の理由】はなにか?』

と【繰り返し自分に問いかけること】です。
~~~~~~~~

(繰り返すのがポイントです)


たいていの場合、
すぐにパッと答えは出てこないと思います。


それでもいいのです。


潜在意識に、その質問が蓄積されていくからです。



『うーん。どんな視点があるかなー』
『今回もイライラしてしまったけど、
怒らなくていい視点はあるかなー』

など、何度も自分に、
同じ質問を問いかけていると、

ある時、パッと、
『あ、そうかぁ♪
なんで、こんなことでイライラしていたのだろう』

となって、怒りが氷解するときがあります。





それは、

本を読んでいるときかもしれませんし、
湯船につかってボケーとしている時かもしれません。


あるいは、
寝る前とか、メルマガ読んでる時かもしれませんね。

質問を何度も自分に繰り返すと、
潜在意識があるとき、パッと答えを出してくれます。


大事なのは【質問を続けること】なので、

『あ、そうかぁ。
質問するだけでいいんだなー。』

と、気楽に自分に質問を繰り返してみてください♪





そういえば、
錦戸亮さん、が車を衝突させてしまった事故が、
新聞で報道されていましたね。


実は僕も、
車を他人にぶつけてしまったことがあり、
非常に同情心がわいてくるのですが(汗)


その記事について、
mixiの日記をみてみると、
様々な意見、感情があります。

・錦戸くんに同情している人
・錦戸くんが悪いと怒っている人
・錦戸くんにぶつけられた人が悪いと怒っている人

などなど・・・

事件は一つなのに、
おもしろいくらいさまざまな意見や感情があります。



これは、記事は一つなのですが、
見る人の視点が違うから、です。


『視点』はもとからあるものではありません。

これまでの環境や生活の中で、
つくられていくものです。

(そもそもテレビを見なければ、
錦戸亮さんを知りませんから、
上にあげた怒りの感情が出ようもありませんね。

事件を見て怒った方の【怒り】は、
テレビによって造られた感情ともいえます。)


そして、
『つくられた』ものならば、
『新しくつくる』こともできます。


次回は、
【誰でも 怒りを減らすこと ができる三つの理由】
についてお話したいと思います。


■□編集後記□■

今日は3月9日で『サンキューの日』らしいですね。
これまで生きてきて初めて知りました。

(3月9日の、
3『さん』と9『きゅー』で『サンキュー』

・・・

超おもしろいですね:笑)



あるアメリカでトップクラスの講演家が、

『感謝していることを100個書きだして、
冷蔵庫などの見えるところに貼っておく』

ことを勧めています。


そして、やる気が落ちたときに、
その紙を見ることも勧めています。


これは人間が、

『感謝すべきことが、
すぐ当たり前になってしまう生き物』

だからですね。


人間は感謝すべきことを忘れやすいので、
書きだしてみると、

『あぁ、そういえば、
こんなに恵まれていたんだなー』
と思いだすことが多いのに驚きます。


感謝すべきをことを数えはじめると、
幸福感がすぐに上がるのも、人間の特徴です。

『感謝すべきことを見直す』
のは、おすすめですよー。


僕の場合は、
まずSSPなどで、
僕に投資して下さっている方々に感謝しています。


おかげで僕は、
バイトや他の仕事をすることなく、

メルマガやサポート、コンサルティングに、
専念できるので、よりよいサービスを提供できます。


『価値と価値の交換をしたら、
お互いがより豊かになっていなければいけない』
ということが、僕の信念の一つですが、


たくさんの感想をみると、
その目的はある程度達成できたかな、
と、うれしく思っています。


(たくさんの感想をいただいているのですが、
HPへの感想の更新が追いつかないくらいです。

http://shinji06201.chicappa.jp/tanmin/30muryo.s0.htm
↑感想はこちらから見ることができます♪

いつも本当にありがとうございます。)


しかし、ここで終わりではありません



喜んでいただいたあと、

さらに考えるのは、
『もっと喜んでいただくには、どうすればいいか?』
です。


これには、限界がありませんので、
考えれば考えるほど、ワクワクしてきます。


与えれば与えるほど、
いろいろな形で【豊かさ】は返ってきます。

そうして、
自分が豊かになってきたら、


次に考えるのは、
『さらにもっと与えるにはどうすればいいか?』
です。


これは、
『どのように、豊さを再分配するか?』
を考えると答えが見つかりやすいです。



いい答えが見つかれば、
まわりも豊かになりますし、
自分の心もより豊かに幸せになります。



このことを考えるのも、
とてもワクワクしますね。

(これまでも、
そういった企画を、
SSPを利用されている方にしてきたつもりですが、

まだまだ十分だと考えていません。
よりよい方法がないか模索していこうと思います)



あと、僕が尊敬しているのは、
食料品や生活必需品、住居をつくっている方々です。


知識階級の人たちの中には、

こういった人々の職業を、
『頭を使わなくていい仕事』
と軽く見ている人もあるようですが、


僕はこういった職業の方々に、
感謝と尊敬の念を抱かずにおれません。




そもそも、
食糧が十分になければ戦後のように、
みんな食糧を確保するのに一生懸命で、
僕のメルマガなど誰も読んでくれません(笑)



メルマガやサービスに専念する、
という幸せな環境に自分を置けない訳ですね。


それを考えると、
食糧が十分にある、
というのは有難いことだと思うんですね。


日本の食品自給率は40%ほどらしいですから、
感謝すべき人は世界中にいるということになります。


さらに生活必需品、衣服、住居、
暖房や冷房、ガス、料理をつくる包丁、鍋・・・


などがあって、


初めて、

『じゃあ、
もっと生活を豊かにするために、
どんな知識、スキルが必要か?』

ということになってきます。



だから、

現在、僕が、
『読者さんに最善の情報を提供する』
ことだけに集中して時間を使っておれるのも、

(これは大変幸せなことなのですが)



食品や生活必需品を、
提供してくれている人々のおかげだなぁ、
とありがたく思います。


水を飲むとき、
ご飯を食べる時、
暖房をつけるとき、
お風呂に入るとき、


汗水流して、お風呂や水道管、
食品や生活必需品をつくってくれた、
これらの人々の苦労に感謝したいなと思います。


最後に、大切な時間をさいて、
ここまで読んでくださったあなたに、
感謝したいと思います。

いつもお読み下さり。ありがとうございます。

上田真司

     PS:2000人以上を短時間睡眠(短眠)習得へ導いた
        “効果実証済み”のプログラム「S・S・P」
        >> http://bfa-c.com/ssp7step.html


2009-03-13 18:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3000万部以上の大ベストセラーの教え

こんにちは。上田真司です。

今朝はサイクリングをしていました。
(自転車は最近無料でゆずっていただいたものです)

 空気もおいしいし、
 景色もキレイだし、

途中で道に迷わなければ、
最高のサイクリングになったと思います。


最近、『ものすごい大事件』が起きて、
自分の遺言を変えることになったのですが、

ハッキリいって 衝撃 でした。

詳しくは編集後記でお話しますね。




 

人間関係のストレスをなくすと、

目標を、
『すいすいと 楽しく達成』
できるように なるのですが、

今日は そのことについて、
3000万人以上の人生を変えた、といわれる、
自己啓発の めっちゃ凄い人に聞いてみましょう。


もし、あなたが、

『自分の浪費癖や酒癖など、
 いやな癖を治すにはどうしたらいいのだろう?』

『どうして、自分は、
 自分で決めたことも続けられないのだろう?』


『なんでモチベーションが続かないのだろう?』


『このどうしようもない、
 原因のわからない落ち込みはなんだろう?』



これら どれかの症状 にあてはまる場合、
その 解決の糸口 になると思います。



■□人間関係のストレスがなくなると、
  目標がスラスラ楽しく達成できる□■

上の題名のことを 教えてくれたのが、

3000万部以上の、
世界的 大ベストセラーを書いた、
マックスウェル・マルツ博士です。

http://shinji06201.chicappa.jp/shorturl/j/max/1.html
↑彼の本の中で 一番のおすすめ がこの本なのですが、
 最近は 中古でしか 手に入らないみたいですね。


ちなみに 英語版は 普通に 日本でも手に入りますよ↓
http://shinji06201.chicappa.jp/shorturl/j/max1/1.html


マルツ博士は、まわりから、
【マックスおじさん】と呼ばれていたそうなので、


僕も、今回は、
尊敬 と 親しみ をこめて、
マックスおじさん と呼ぼうと思います。
(↑あとで 記事全体をみて、
  なんか締り がなかったので、
  マックスおじさんと呼ぶのはやめにしました:笑)




マルツ博士は、
目標をすいすいと楽しく達成するために、
4つのステップというか条件を教えています。


この4つは、
僕の短眠術でも目指していることなので、
すでに手に入れている人は、

『あ、なるほどー♪

 こういう状態になったら、
 幸せに目標を達成できて、
 短眠にも近づくんだなぁー』


と思いながら読んでみてください♪

きっと、
記事を読んだあとに、
もう一回SSPを聞いてみると、
新たな気づきがあると思います。


では、4つのことを紹介しますね。

1、他人を無条件で許すこと
2、自分を責めないこと
3、『できる自分』を思い出すこと
4、人と比べて落ち込まずに、
  今、自分がしていることを楽しむこと




まず、これから先の記事を読む場合に、


4つの中で、
『どれが一番自分にとって難しいと思うか』
を考えてみてください。


それが、一番の目標達成の障害だからです。

では、4つのリスト、もう一回書きますね♪

1、他人を無条件で許すこと

2、自分を責めないこと

3、『できる自分』を思い出すこと

4、人と比べて落ち込まずに、
  今、自分がしていることを楽しむこと



ちなみに僕は、
うつ病でダメダメだった時代は、
すべて不合格でした。
(だから、4つのリストをチェックして、
 とても落ち込みました:笑)




そんな僕でも、4つのリストを、
合格レベルまで伸ばすことができたので、
まったくできていなくても落ち込む必要はありません。
(合格レベルていうのは完璧って意味じゃないですよ)


いや、というか、
むしろ、できていない方が僕はうれしいです。
(仲間がいたー!みたいな:笑)


あと、4つのリストを、
どうやって合格レベルまで引き上げるか、
も、これから書いていこうと思いますので、

楽しみにしていてくださいね♪




完璧じゃなくても、
合格レベルまで引き上げると、
幸福度があがります。

そして、幸福度があがると、
自分の行動をコントロールするのが、
とても楽になるんですね。


あと、メールでの感想なども、
楽しみにしています。
(4つの中でどれが難しく感じたか、など)

記事の内容を向上させるのに役立てたり、

4つの中で、
どれの解説に力を入れるか、
メールをみて 決めようと思います。



多くの人は、

1、他人を無条件に許すこと

を 一番 難しく感じるみたいですね。


でも、実は、1が難しい場合、
他の3つも全部難しくなってしまうんですね。

怒りっぽい人の、
人を許せないイライラは、
自分に跳ね返ってくるからです。




潜在意識は、
人に言っていることも、
自分に言っていることも、

全部、
『自分に言われたこと』
として受け取るからです。

人に対して、
『あいつ嫌な奴』
『あいつ嫌な奴』
『あいつ嫌な奴』
・・・

と思っていると、

潜在意識には、
『【自分】は嫌な奴』
『【自分】は嫌な奴』
『【自分】は嫌な奴』
・・・

という情報がどんどん入っていくんですね。
(怖いですねー)



だから、
どんどん自分を嫌いになって、
責めるようになります。

そうすると、落ち込みが長く続くんですね。


もちろん、人に対して
『ダメな奴だ』
『イライラする』
『ちくしょー』

と思っていると、

潜在意識は、
『【自分】はダメな奴だ』
『【自分】にはイライラする』
『【自分】はちくしょー(?)』
と勝手に変換してしまいます。
(最後だけちょっと意味がわかりませんね:笑)


こんなことを、たくさん思っていたら、

他の三つ、も実行しづらくなりますね。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
忘れた人のために念のため↓

 2、自分を責めないこと
 3、『できる自分』を思い出すこと
 4、人と比べて落ち込まずに、
   今、自分がしていることを楽しむこと

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


だから、
1、他人を無条件に許すこと
が一番の肝になります。


相手から、詫びが入らなくても、
どう見ても、相手が悪くても、
許す、ということですが、


これは、
『怒りを無理やり我慢する』
とは似て非なるものです。
(つまり、「違う」っていうことです)




そして、他人を無条件に許すことができないと、

【目標を達成して不幸になる】
か、
【目標を達成せずに不幸になる】
か、どちらかになってしまいます。




僕は せっかく縁があった あなたには、
なるべく幸福な人生を歩んでほしいと思っています。

そして、他人を許せば許すほど、
相対的に幸福になっていきます。

人を好きになり、
自分も 好きになるからです。

長くなりましたので、
また次回以降でお話したいと思います。


■□編集後記□■

いやー、今日の内容は、
ちょっと怖い話も入っていましたねー。

もちろん、完全に怒らなくなる、
というのは、誰にとっても 不可能な話なので、

多少、潜在意識に
『自分は嫌な奴』
って入ってもいいんですよ。

僕の短眠プログラムやっている方は、
わかると思うのですが、


『よい習慣』を増やすことによって、
そういった情報の悪影響を受けなくなるからです。
(すぐ『よい情報』で塗り替えられてしまうんですね)


あ、そうそう、『大事件』の話でしたね。

実はクライアントさんから、
バレンタインのプレゼントをいただいたのです。


おいしい紅茶セットで、
今もいただいた紅茶を飲みながら、
この記事を書いているのですが、


やっぱり気持ちがうれしいですね。

短眠プログラムの効果の、
喜びの手紙つきだったのですが、
もう手紙読んだ時は本当に嬉しかったですね。

『今までやってきてよかったぁー』
って感じでした。

もちろん、
プレゼントを開く前に、記念撮影しました(笑)


プレゼントをいただいたときは、

あまりの嬉しさに、
家のお仏壇にお供えして合掌したくらいです(笑)
(僕のおじいちゃんがなくなった年から、
 僕の部屋にはお仏壇があります)


それでですね。

この感想の手紙を僕の葬式の時の、
棺桶の中に一緒にいれてもらおうと思ったんです。


不慮の事故などで、
いつ命がなくなるかわからないので、

命のあるうちに、
遺言書かないといけないと思ったんですね。
今も、パソコンのすぐ横にその手紙はあります。


この手紙をみて、

自分の原点である
【クライアントさんに、
 受け取る金額や時間の10倍100倍の価値を返す】

を忘れないようにしたいと思います。
(未熟者で、すぐに忘れてしまいますので:汗)

プログラム実践者からの、
喜びのメールもたくさんいただくのですが、

http://shinji06201.chicappa.jp/tanmin/30muryo.s0.htm
(↑ここに一部を紹介していますね♪)

メールを棺桶の中に一緒に入れられないのは、
とても残念です。


読んでいると、
ものすごく力がわいてくるからです。
いつも、本当にありがとうございます。


だから、僕は、
早く自分と縁のあったクライアントさんを、
なるべく優遇しています。
(たぶん後では受け取れないプレゼントが、
 たくさん届いていると思います。)


それは、また僕の信念が関係してくるのですが、
次回にお話したいと思いますね。

上田真司

     PS:2000人以上を短時間睡眠(短眠)習得へ導いた
        “効果実証済み”のプログラム「S・S・P」
        >> http://bfa-c.com/ssp7step.html

2009-03-05 23:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【音声プレゼント】えー、現在とても斬新な記事の書き方をしております。

こんばんは、上田真司です。
今日は、段ボール箱の上にパソコンを置いて、
原稿を打つ、という斬新な姿勢で、メルマガを書いています。

特にこれといった深い意味はないです。
というか打ちにくいので、だんだん嫌になってきましたので、
段ボール打ちはやめます(笑)


今日は人間離れした行動、いわゆる超人的な行動をどうやってとるのか?
その秘密に音声で迫ってみたいと思います。


■□どうやって超人的な行動をとるのか?□■

というわけで、新春プレミアム音声のプレゼントが好評だったので、
今回も音声をプレゼントします。

音声は通常メルマガ読者さんだけにプレゼントしているのですが、
今回はブログの読者にもプレゼントします。

↓こちらからダウンロードしてください♪
http://shinji06201.chicappa.jp/bonus/premiam/tyoujin.mp3

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

上田真司

     PS:2000人以上を短時間睡眠(短眠)習得へ導いた
        “効果実証済み”のプログラム「S・S・P」
        >> http://bfa-c.com/ssp7step.html

2009-01-26 19:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【注意】自分の成長を妨げる恐ろしい心の状態

最近、100万円以上する あのプログラム以上だとの 感想をいただきました。
詳しくは 編集後記で 紹介します。


■□【注意】自分の成長を妨げる おそろしい心の状態□■

しばらく
『普通の人 が 卓越した成果 を出すのに 必要な 二つのこと』
について お話してきました。

このメルマガでは、いろいろなことを書いているように 思われる方があるかもしれませんが、
実は 書いている内容は 一つなんです。





その一つの内容を いろいろな角度から お話しているのです。
ショートスリーパー7ステッププログラミングでも、 同じです。


話している内容は 一つなのですが、
それを いろんな角度から 話しているわけです。




今回は、 しばらくメルマガで、
「卓越した成果 を出すのに 必要な二つのこと」
という角度から お話ししています。


その一つの内容は、
頭でわかる というよりは、
体で掴むものです。

体得する、 といえば わかりやすいかもしれません。




『上田さんは いろんなこと 知っていますねー。』
とか
『よくあれだけ メルマガ書けますねー』
と感心されることが ありますが、

(あ、ちなみに、 メルマガ書く量 だけなら、
 もっとすごい人が たくさんおられるので、
 僕がそんな風に言われると 真赤になって赤面しちゃいますね;汗)


知っている内容は 一つのことなんですね。


それを つかんで欲しい、 と思いながら、
いつも話をしたり、 メルマガを 書いたりしています。



それは 言葉を変えれば 原理や原則 といったものなんですね。


実は 僕の自分でつくった 7ステッププログラミングを 毎日聞いています。
これは僕がナルシストで、 自分の声が大好きだから 聞いているわけではありません(笑)


原理・原則の理解、 というのは、
限りなく深いから 聞いているです。





そして、 その理解が 深まれば深まるほど、
毎日が平穏で 楽しく生活することが できます。


だから 僕は、 同じ教材を聞いていても、 ほぼ毎日
『あ、そうだった!』
と気づくことがあります。




よいコーチ に出会ったあと、 一番成果を出す 妨げになるのが、
『自分は わかっている』
と わかったつもりに なることです。


『わかっている』と思うと、
いま以上に 原理・原則を 深く理解することが できません。



以前、僕が 年商何億と稼ぐ社長さんに会って 話を聞いて驚いたのは、
それほど稼いでいるのに、 とても謙虚で 知識の吸収力が高いことでした。


僕のなんでもない言葉から、
『なるほどー。』とか『あぁ、そうかぁ』
など、 気づきを得ているのです。


会う前はもっと偉そうな人だと思っていたので、
けっこうびっくりしました。


その姿をみて、人のすごさは いかに多くのものを知っているか ではなく、
いかに普通の人と同じものを 見たり聞いたりして、 違う気づきを得られるか、
で計れるのではないか、 と思ったくらいです。




ちょっと僕にとっても耳の痛い話ですが、
『それはわかっている』
と思っているときは、ほとんどわかっていない状態なので注意しないといけません。
(こういう状態は『自分はよくわかっている病』という恐ろしい病として、
 ビジネス界では広く知られています;笑)


だからこそ、 繰り返し原理原則を 聞くことが大切なのです。
そうしたら、 自分が変わり、 まわりの環境や得られるものも、
大きく変わります。




でも、 繰り返し聞いてたら 飽きてしまいますよね?


安心してください。 僕もそうです。
いくら僕がナルシストとはいえ(笑)自分の声を 繰り返し聞いていたら、
やっぱり飽きてしまいますし、


そのほかの教材でも 繰り返し読んだり聞いたりしたら、 やっぱりあきてしまいます。



次回は、 楽しく繰り返す方法 です。

楽しく 原理原則が徹底できたら、
あとは、 それに従って、 生活を向上させるだけです。



■□編集後記□■


うーん。今日は自分にとっても 耳の痛い話でした。
いまの自分の生活や収入があまり変わっていない場合、
この『自分はよくわかっている病』にかかっていることが多いように思います。


この病気にかかっていると 毎日の気付きの新鮮な喜び がなくなってしまうんですねー。
誰でもかかる恐れのある病気なので、お互い気をつけましょうね。


逆をいえば、『自分はよくわかっている病』になっていないか 反省するだけで、
毎日の気付き や 新鮮な喜び が戻ってきますので、


『なんで自分は理解して、よくわかっているのに、結果がでないんだろうか?』

と思っておられる場合は、『自分のわかっていないところはどこか?』
と自問しながら、 音声を聞いてもいいと思いますね。


きっと、
『あ!ここだ!ここがわかっていなかったんだ!』
というところが見つかると思います。


あ、そういえば、ショートスリーパー7ステッププログラミングが、
100万円以上するあのプログラム以上だとの感想をいただきましたので、
紹介しますね。



『メールありがとうございます。こちらこそよろしく御願いいたします。
いつも楽しくメルマガ読ませてもらってます。今までにない親近感のあるメルマガですね。

上田さんの音声教材は、まず話がわかりやすく面白いので楽に聞くことができました。声の向こうから笑顔が見えてきました(笑
この音声教材は、使う人次第で生き方が変わりますね。いろいろと参考になりましたが
とりわけ潜在意識の力のすごさを最近強く感じてます。驚いています。

上田さんの教材に出会う前からナポレオンヒルプログラムのCDを友人に焼いてもらって聞いていたんですが
僕は上田さんの教材の方が取り組みやすかったです。教材の値段はみんな手が届くような安さですし
ありがたいですね。

元々短眠目的で買ったけれど、それ以上の価値があったし
本当出会えて良かったなと思っています。僕の中ではNO.1の教材です。

これからも頑張ってくださいね。ご活躍期待してます^^

木村さま』

木村さん ありがとうございます♪

ナポレオンヒルって 100万円以上する あのプログラムのこと ですよね。
こんな感想をいただいて ちょっとびっくりしています。


それにしても、 申し込みの勢いが止まらず驚いています。
それだけ世の中に必要なものを作れたんだなー、とうれしく思っています。
人数限定ですので、なくなる前に申し込みはこちらからどうぞ。

http://shinji06201.chicappa.jp/tanmin/30muryo.s0.htm

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪


上田真司

2009-01-19 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。