狙ったアイディアを出す方法4 - 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法

狙ったアイディアを出す方法4

今日は散歩がてらに図書館にいってきたら、
閉館日でした。

家の近くの図書館は水曜日が閉館日なのですが、
なぜか毎週水曜にいきたくなります。
僕はこれで4回連続、
たまたま図書館に行きたいと思ったのに閉館、
という体験を繰り返しています。

今度こそ、閉館日じゃない日にいこうと思います。

あ、ちなみに今日は別のレストランにいったので、
トマトジュースは頼みませんでした。


では今日も内容に入りたいと思います。

これまで狙ったアイディアを出す三つの公式について、
お話してきました。

1、適切な質問を繰り返す
2、情報を集める
3、リラックスする、もしくはなにか楽しいことをする

これらを答えが出るまで繰り返せば、
必ずアイディアは出てしまいます。

ところが、上の三つの公式を正しく使えないために、
アイディアが出ないことがあります。

たいていは、
1、適切な質問を繰り返す、
でつまづいています。

不適切な心の声で覆われている場合がそうです。

たとえば、

『私には時間がない』
『私の今の状況では絶対に無理だ』
『私の今の状況は特にひどい状況だ』

などなど、

人間は特に自分の状況だけはひどい、
または自分だけは忙しいと思う傾向のある生き物です。
僕もそうです。

しかし、こんな心の習慣を野放しにしておくと、

人に感謝できなかったり、
あるいは感謝すべきところで怒りを覚えたりなどして、
精神衛生上も健康の上でもよくないです。

ですので、これらの声を消す行動が大切です。


とはいえ消そう消そうと思うとかえって、
上にあげた言葉が心に浮かんでくるのも事実です。

そういう場合は、
上の言葉が一回浮かんだら、
10回ほど前向きな言葉を心の中でとなえましょう。

たとえば、
『私には時間がない』と浮かんだら、
『おっと、いかんいかん、

 この心の言葉では、
 時間がなくなるアイディアばかり出てしまう。

 よし、時間がない状態こそチャンスだ、
 時間はつくるもの、時間はつくれる、
 私にはまだ発掘していない時間がたくさんある・・・』
などです。


こうしているうちに、
前向きな心の種まきが習慣になります。

言葉の入れ替えです。
後ろ向きな言葉と前向きな言葉を入れ替えましょう。

そうすると、生活のストレスは少なくなります。
後ろ向きなことばかり考えて悲観しているよりも、
前向きな考えが習慣になったほうがストレスはへるものです。


結局アイディアを出す公式をまとめると四つになりましたね。

0、後ろ向きな言葉を前向きな言葉に入れ替える
1、適切な質問をする
2、情報をあつめる
3、リラックスしたり、なにか楽しいことをする

これでアイディアが生まれます。機会があるときにいろいろな実例を通して、
過去の成功者たちがどうやってアイディアを出したのか、
みていきたいと思います。

全て上の3つの公式からはずれることがありません。

また、前に連載を開始し、
長い期間止まっていた夢をみるだけで終わる人と、
見た夢をかなえる人との違いも書いていこうと思います。


あ、ちなみにメルマガもやっています。

メルマガの内容が少しでも気に入らなければ、
すぐに解除することができます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

関連カテゴリー

900冊のビジネス書のエッセンスはバックナンバーこちらです

短眠術、脳の使い方についてはこちらの連載が参考になると思います。
この方法を実行すれば、身体がだるくなったり、
頭がさえないということがかなり少なくなると思います↓

心も体も元気になる短眠術はこちらです


2008-04-02 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。