心も身体も元気にする短眠術:○思い込みの力で健康に短眠に!? - 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法

心も身体も元気にする短眠術:○思い込みの力で健康に短眠に!?

口癖でいつもいっていることは、
やがて、それが正しいと思いこむようになります。

人間の思い込みにはものすごい力があります。

有名な例をあげましょう。

みなさんもテレビで催眠術で人が鉄のように固くなったり、
熱くもないものをさわって火傷をしているのを見たことがある
かもしれません。

また、ある心理学者が、ポットの中に冷たい水を入れて、
『あっ』といっていかにも間違えた風をよそおい、
被験者に水をかける実験をしたことがあります。

被験者はあわてて『熱っ』といって手をひっこめるそうですが

たいていはかかった“お湯”が冷たいことに気付きます。
ところが、中には火傷した人があったようです。

強い思い込みは、強い生理反応を引き起こすことができます。
すごいですね。
やはりここでも人体の不思議です。ふーむ。

ここまで読まれて、もうおわかりの方も多いと思いますが、
思い込みの効果をいい方向に利用し、
疲れをなくし、体を健康にし、睡眠時間を短くするわけです。


もう一つ科学的な実験例をあげましょう。

プラシーボ効果・偽薬効果といったら、御存じの方も多いので
はと思います。
テレビでみたことある人も多いと思いますが、
念のため説明いたしますと、

頭痛や車酔いを訴える人に、
薬でもないものを△海譴聾フ未・△襪茵治と与えたところ、
本当に頭痛や車酔いが治ってしまう、ということがあるそうで
す。

逆の例もあります。
『これは体の熱をあげる効果がある』
といって、何の効果もない小麦粉を被験者に与えたところ、
粉を飲んだ75パーセント以上の人が体温が上がったそうです


なかには気分が悪いと訴える人もいたそうですよ。

思い込みだけで、なぜそんなにも効果がでるのでしょうか?

実は科学的に説明されています。

ニセの薬を、効くと思い込んでいるとき、
人間の脳内に、エンケファーリン、βエンドルフィン、ジュノ
ロフィンという
これまたモルヒネの150から200倍の効果がある脳内麻薬
が分泌されます。

このホルモンが体を治すというわけです。

ホルモンによって体調まで左右されるので、
口ぐせで元気になったら、健康になってしかも睡眠時間も短縮できるんですね。

まさに『信じるものは救われる』です。


もちろん、どのような口ぐせが具体的に睡眠時間短縮につながるのかも、これからお話していきたいと思いますが、おもしろい話があります。

実際、若いと思いこんでいる人は、
血液中に若い人ほど多く含まれるセロトニンという物質が、
思い込んでいない人よりも多く含まれているそうです。

信じる力ってホントにスゴイですね。

このブログは効果があり、
しかも簡単に実行できるものばかりを紹介しています。
ぜひ信じて実行して、効果を実感していただきたいなと考えて
います。

信じた人が救われます(笑)
2007-12-15 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。