心も身体も元気になる短眠術:○小食で短眠で楽しく過ごすための7つの食事ステップ、その1 - 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法

心も身体も元気になる短眠術:○小食で短眠で楽しく過ごすための7つの食事ステップ、その1

○小食で短眠で楽しく過ごすための7つの食事ステップ

といっても急に小食にしたのでは
やはり、うまくいきません。

急激にやせて不安になったり、
我慢しすぎてリバウンドして、かえって体に悪いことになって
しまったりします
。(僕も何度も急激にやって失敗しました)

このレポートでは

みなさんに、今日からすぐに、
いまよりも生活の幸福感や、爽快感をあげたいと思い書きまし
た。

いきなり完璧な小食生活にせずとも、少しかえるだけで、
いまよりも健康は改善し、脳内ホルモンもいいものがでてきま
す。

完璧じゃなくても、今より良くなったらいいですよね?きっと
(そうじゃなかったすみません:汗)

というわけで、小食になり、
より健康に、快適にくらせ、さらに睡眠時間も短くなる7つの
ステップを紹介し
たいと思います。


○その1
食べられることに感謝する

まず第一のステップは食事内容は変えません。
食べているときに感謝してみましょう。
いわゆる恩を感じてみましょう。

恩とは分解すると因と心にわかれます。
これは因を知る心ということだそうです。

どうして今自分にこんな幸せになっているのか、
原因に思いをはせ、感謝するという意味があるみたいですね。


うーん。漢字ってよくできてますね。

すこし汚い話で恐縮ですが、
糞って漢字はうまいですね。つくった人に拍手です。
米が異なると書いて糞ですからね。
うーむ、うまいっ!(失礼・・汗)

はい、すみません。ほんとにどうでもよかったですね。

というわけで感謝してみましょう。

キーワードポイントは「おかげ」です。

どんな生き物の命のおかげで自分は生きているのか、
どんなひとのおかげで自分はいまこの食事を食べているのか
(農家、料理をつくってくれた人、材料をかってくれた人)

こういう風に感謝の気持ちを持つと、
当たり前と思っていたものが、当たり前じゃないことを知り、
幸せな気持ちになります。

そういえば家があるから今安全にご飯食べられるだなー、
大工さんありがとう、と余計なことまで感謝してしまいます(
笑)

感謝の科学的な効能はあとで少し詳しく説明していますので、
そこを見てみてください。
きっと感謝したくなりますよ。

まず、第一に食事内容を変えず、感謝してみましょう。
これだけで、感謝しなかったときよりも健康になれます。


そして、この段階で、下のページでプレゼントしている音声セミナーを
繰り返し聞けば、1,2時間は睡眠時間が減らすことができると思います。

短眠法音声セミナー無料プレゼント

有料でもいいと言われた内容なのですが、無料で提供しておりますので、
ぜひ一度、聞いてみてください♪

繰り返し聞き流すだけで、短眠の思考に近付き、睡眠時間が減っていきます。

では、続いて食事の段階、ステップ2です。
2007-12-15 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。