【プレゼントのお知らせ】『ある理由』からホワイトデイにプレゼントします - 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法

【プレゼントのお知らせ】『ある理由』からホワイトデイにプレゼントします


こんにちは、上田真司です♪
現在、生涯をかけた仕事に取り組んでいる最中です。

ホワイトデイの、
プレゼント情報についてお話する前に、

前回の内容を続きを先に伝えてしまいたいと思います。


他人に対してイライラする癖がついていると、
潜在意識にどんどん悪い情報が入っていきます。

潜在意識は、他人にたいしていったことと、
自分に対していったことの区別がつかないからです。

(詳しくは前々回の内容をどうぞ
 ⇒http://shinjiueda.seesaa.net/article/115204757.html


だから、イライラの癖が残っていると、
知らないうちに、やる気がなくなったり、
なぜか目標が達成できなくなったりします。


そんなわけで、
イライラの癖をなくしたい、
あるいはいまよりも少なくしたい人は、

たくさんいると思いますが、
今回は、あなたがイライラを少なくできる
三つの理由についてお話したいと思います。


■□イライラを少なくできる三つの理由□■

僕がイライラを少なくし、
目標達成をスムーズにすることは、


誰でもできるんじゃないか、

と思う理由は三つあります。




まず自分自身が、
何にでもイライラしていた状態から、
そうじゃなくなったからです。

(近々、僕の人間関係の過去を、
 ホームページ上で明らかにしようと思いますが、
 まあ、はっきりいって酷い有様です(笑)

 かなり空気読めない人だったのですが、

 あまりのひどさに、読んだ後、
 僕のこと嫌いにならないよいでくださいね;汗)


当然、そんなイライラがおさまらない状態の
(はたから見ると危ない人です;笑)

僕にも効いた方法ですから、
他の人も効果があった人が多かったです。





というわけで 二つ目の理由は、

多くの人に、
『イライラしなくていい方法』を教えたら、
その人たちも、イライラが軽くなった事実です。


三つ目の理由は、

科学的な研究からも、

【ある方法】を実行すれば、

時間とともに、
イライラは少なくなっていくことが、
確認されているからです。





『ん?科学的?
 いやー私、科学ダメなんすよー』


と思われた方もあるかもしれませんので、
ここで【二人の重要人物】に登場してもらいます。


はい。
では、みなさん拍手でむかえてください!!


善・東洋くんと、
ヘイント・セインくんですっ!!!
(パチパチパチ←微妙な拍手)


少し二人のことを紹介しましょう。



ヘイント・セインくんは、
白人で、背が高く、やせています。


彼の身長が高さは、
電話ボックスに かがんでくぐるほどなので、


人ゴミの中にいても、
一人だけ、頭二つ分くらいでていて、

すぐに見つけることができます。
そのため待ち合わせの目印によく使われます。
(これからはセインくんと呼びますね。)




対する善・東洋くんは、
名前の通り、東洋人で、
身長が低く、ずんぐりとした体型です。


「ずんぐり」という表現は、
正確じゃなかったかもしれません。

彼は「太る」とか「ぽっちゃり」とか、
そういった生易しいレベルを超越した体型だからです。




正直な話、
彼を一言で表現する言葉が、
日本語の中に見当たりません。


そうですね。
数学的に表記するならば、

『球体』

とでも言えばいいのでしょうか。


ボーリングの球を、
人間の大きさに拡大したようもの、
といえば、彼の外見がだいたいわかるかもしれません。



ひょろ長のセインくんと、
太っちょの東洋くんは、全く正反対の外見ですが、
不思議と気があいました。


(並んで歩くと、
  野球のバット と サッカーボール が、
 一緒に歩いているように見えます)


そして二人とも高校生で野球が大好きでした。

しかし、実際に野球をやるわけではなく、
もっぱらテレビゲームで楽しんでいました(笑)
二人はインドア派の引きこもり体質だったのです。




ある日二人は、とんでもない決意をします。


『よし!二人で甲子園を目指そう!』


素人のデコボココンビが、
なぜこんな決意をしたのでしょうか?




それは、
二人が漫画家あだち充さんの、
熱狂的なファンで、


ある日、名作『タッチ』に感動して、
(素人のタツヤくんが、
 とんでもない剛速球を投げれて、
 ある理由から甲子園を目指す内容。)

『タツヤにできたんだから、
 俺たちにできないはずがない』

と思い切り痛い勘違いをしたためです。
(ちなみにどうでもいい情報ですが、
 僕もタッチは大好きです。)




甲子園にいくために、
二人で真剣にあだちさんの漫画を研究した結果、


キャッチャーは、
少し太っていなければならないことを発見しました。

『こ、これは重大な事実だ!』

そこで、
東洋くんがキャッチャーをすることになりました。


必然的にセインくんはピッチャーです。





さっそく甲子園を目指す二人は、
河原にいって、キャッチボールをすることにしました。


ところがここで、
セインくんの意外な才能が明らかになります。


セインくんの、
ムチのようにしなる
長い腕から繰り出されたストレートは、


時速150キロを超える剛速球だったのです。


彼の球は空気を切り裂き、
東洋くんの腹底深くにメリ込みました。



『痛ってぇーーーーー』

素人の東洋くんには、
そんな剛速球をとれるはずがありません。


セインくんもそんな才能があったのなら、
野球部に入ればいいのに、
そんなことは全く気付かずに、

『練習すれば、きっと捕れるようになるよ、
 東洋くん、がんばろうぜ!』

と来る日も来る日も東洋くんと
キャッチボールをしました。



最初は、東洋くんが、
全くボールをキャッチできなかったので、


二人のキャッチボールは、

まるでボールをつかった、
回りくどいリンチのように見えたのですが、


東洋くんも、
だんだんセインくんのボールを、
キャッチできるようになっていきました。



そうして東洋君が、
セインくんのあらゆる球を、
キャッチできるようになったとき、

二人はなにか足りないことに気付きます。

「この心に浮かんでくる、
 もの足りなさはなんだろう?」


二人は疑問の答えを求め、
再び名作タッチを読み返します。



そこで二人は、
自分たちのやってきたことの重大な欠陥に気づきます。

『そうだ!南ちゃんだ!
 ヤカンを持ったマネージャーがいない!!』

当然、二人は、
まだ野球部に入っていないという、
重大な欠陥に気付きません。




そうして二人は、
新体操の全国大会に出場できて、

しかも、
その容貌の美しさから、
テレビの取材を受けるような、
野球部のマネージャーを探すことにしました。



『取材を受けるくらいだから、

 テレビみていれば、
 いずれ南ちゃんみたいな子が出てくるだろう』

という、予想をたてたインドア派のコンビは、
わざわざ新体操の会場にいくのは面倒なので、
毎日テレビをみて南ちゃんを探すことにしました。



10年後・・・

少年のジャンプの打ち切り漫画ならば、

ここで二人が、プロの舞台に立ち、
球界を代表する強打者を相手にして、

『俺たちの戦いはこれからだ!』
という感じで終わるのですが、


二人は、
『南ちゃんがみつからない』
という重大な欠陥から、
野球をやる気がすっかりなくなり。

細長のセインくんも、
太っちょの東洋くんも、
幸せな家庭を築き、キャッチボールをすることは、
ほとんどなくなりましたとさ、


めでたし、めでたし




・・・

さて、この話が何の役にたつんでしょうか?

実は、イライラをなくし、
目標を達成したい人には、
とても役立つ内容になっています。

何回か読んでみてください。
次回の内容の気づきが大きくなります。

さて長くなりましたので、
この話の意味は今度、明らかにしたいと思います。


■□編集後記:ホワイトデイプレゼントの理由□■

バレンタインもプレゼントしたんだから、
ホワイトデーもしたほうがいいだろう。

という安直な理由から、メルマガ読者さんに、
ホワイトデイのプレゼントを作ることにしたのですが、

力を入れすぎて間に合いませんでした(笑)


前回を超える内容にする予定ですので、
楽しみにしていてくださいね♪


まあ僕はホワイトデーのお返しで、
悩んだ経験がほとんどなかったので、
(つまりモテなかったのです!!泣)

『なにプレゼントしようかなー』
と悩んで、モテる人の気分を少しでも味わいたい、
という気持ちもあります(笑)


メルマガ読者さんにもプレゼントがありますが、


ホワイトデイにちなんで、
SSPをすでに持っている人にも、
さらに追加のプレゼントがありますので、
楽しみにしていてくださいね♪


いつもお世話になっていますので、
ちょっとしたお礼の気持ちです。

どちらのプレゼントも、
満足いくものに仕上げたいと思います。


今日はついでに、SSP参加者の、
おもしろいモチベーションアップ法を、
紹介したいと思います。


それは、
『ホームページを読む』
『自分以外の感想を読む』
というものでした。

http://shinji06201.chicappa.jp/tanmin/30muryo.s0.htm
(↑SSPの紹介ホームページはこちらからです)



しかも、この方法をつかっている人が、
一人や二人ではなかったことも驚きです。
(本当にびっくりしました。)

これからもどんどん感想を追加していく予定ですので、
楽しみにしていてくださいね。

ホームページ読むとやる気でるんですねー。
意外だったので、ほんとに驚きました。

http://shinji06201.chicappa.jp/tanmin/30muryo.s0.htm
(↑SSPの紹介ホームページはこちらからです)



最後に新しい感想を紹介します。

大学生の佐々木淳さんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月頃からメール読ませて頂いていて、ブログも毎日のように紙にまとめながら見ています。
お陰様で二度寝がなくなり、朝はすっきりです。

今大学3年生で去年から本も200冊ぐらい読み、ブライアントレーシーのプログラムをしたり、飛び込み営業をしたりしていたのですがなかなか結果がです落ち込んでいたところ上田さんのサイトを発見して、自分を責めないこと、繰り返すことの大切さを痛感しました。

上田さんのメルマガを読み始めて変わったことは数え切れないほどあり感謝してもしきれないほどです。

本当に宝物を見つけた気分です(笑)

商品も届いたのでもっともっと成果を出せるよう勉強していき、早く良い報告ができるよう頑張りますね。

早く音声を聞くのが楽しみです。

僕も上田さんのように人生を変えるお手伝いを出来るような仕事をしたいと考えているのでとても参考になります。
これからもよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感想いただくと、ほんとにうれしいです。
また宝物が一つ増えました。

佐々木淳さん、ありがとうございました!!

2000人以上を短時間睡眠(短眠)習得へ導いた
“効果実証済み”のプログラム「S・S・P」jはこちらをクリックして下さい。


2009-03-14 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。