靴ひもを結ぶことができれば成功できる3 - 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法

靴ひもを結ぶことができれば成功できる3

こんばんは。上田真司です。

『時給一万円を越える方法』を金曜にプロモーションするとかいってしまったので、約束を守るために昨日は徹夜でした(汗)



今日東京だったので、ちょっと仕事を持ち込みたくなかったんですね。


そして!ついに明日発表しますが一日だけで消してしまおうと思います。


ふつうに考えると5日くらい繰り返したほうが商品がたくさん売れていいのですが、今回は決断力のある人とだけ取引したいと思い、一日にしました。


というのは、初回限定にとんでもないボーナスをつけたからです。


それは
『一年間時給アップの無制限アドバイス券』
です。(僕ので申し訳ないですが・・・)


今、僕は空いてる時間は趣味の読書につかったり、のんびり散歩したりしてるので、(短眠やってるとめちゃ時間があります)


現在、還暦を前に隠居生活をしているわけです(汗)


そういう生活も楽しいのですが、そろそろいろんな人にそういう生活を送る方法、あるいは仕事をやめずに収入をあげる方法を教えたいなーと思いました。


いろいろな人の成長を手助けするのは楽しそうです。



では今日の内容です。

前回はちょっとの能力の差が大きな差になるという話でした。だから大きな差をつけるには『ちょっと余分な努力』を習慣にすればいいことを学びました。


今回は、どうやって『ちょっと余分な努力』を習慣にするか、という話です。


なにかの習慣をつける場合、たいていの人が犯す失敗は

1、とにかく高い目標(一日1時間の勉強、など)
2、続かない
3、自分をせめて落ち込む
4、1から3を繰り返し、自信がどんどんなくなり、最後なにも挑戦しなくなる


という感じだと思います。
(僕は少なくともこんな感じでした)


今回は一つ簡単に習慣をかえる方法を紹介しようと思います。

☆楽しく習慣をつける方法1
1、簡単にできることを目標にする
2、簡単にできることを続けて無意識にできるようになる
3、次の簡単なことを習慣にする

1から3の手順を繰り返せば、
毎日2、3時間パソコンにふれることも、毎日2時間のピアノの練習も、毎日3時間以上の読書も自然にできるようになります。


次回少し詳しく説明しますが、
今回は
『簡単に続けることができて、自分にとってプラスになることはなにか?』
自分に問いかけてみてください。


答えがでたら早速実行してみるといいです。

うまくいかないかもしれないし、うまくいくかもしれませんが、どちらにせよ、実行しはじめれば、あなたの人生はよい方向に変わりますよ。

では、明日の時給をあげるために必要な二つの力を発表しますので、お見逃しなく♪
2008-07-24 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103519726

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 短時間睡眠法:延べ2000名が成功した短眠法 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。